暗号資産(仮想通貨) 暗号資産トピックス

bitFlyer、ビットコインSV付与を現物ではなく日本円で実施 など

bitFlyer、ビットコインSV付与を現物ではなく日本円で実施

bitFlyerは12月4日、同社が運営する仮想通貨交換所 bitFlyerにて、Bitcoin Cash(BCH)のハードフォークで生じたBitcoin SV(BSV)を日本円に変換して付与することを発表した。ハードフォークが行われた2018年11月16日時点でのBCH保有額を参照し、諸経費を差し引いて算出した付与額に基づいて日本円を付与するとのこと。

bitFlyerは3日にもBitcoin Goldの付与に関する発表を行った。同社は11月29日付けで「計画されたハードフォークおよび新仮想通貨への当社対応指針」として、ハードフォーク時に発生した新規仮想通貨の付与等の対応を明確にした。連日となる過去の新規仮想通貨に対する対応は、この発表以前に付与を確約していたものに対する精算と見られる。

出典:仮想通貨Watch

遂にビットコインに機関投資家が参入?スイス証券取引所に新BTCデリバティブが上場!

600億ドル(約6.5兆円)の顧客資産を管理する米資産管理会社ウィズダム・ツリー社がスイス証券取引所にビットコイン上場投資商品(ETP)を上場すると仮想通貨メディア Decryptが報じた。

厳しい規制や高いセキュリティを求める機関投資家が仮想通貨市場に参入するきっかけとなることを狙う。

機関投資家向けのビットコイン市場には米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)や米インターコンチネンタル取引所のBakktなどの先物市場があるが、それらは短期投資向けの市場だ。

ウィズダム・ツリー社ヨーロッパ代表のアレクシス・マリノフ氏は「ビットコインのようなデジタル資産が過去のトレンドではなく、ポートフォリオにおいて役割を果たすと十分に信じている」と仮想通貨市場への期待を語った。

出典:Coin Otaku

Recommend あわせて読みたい