暗号資産(仮想通貨) 元外資系金融マンの暗号資産ニュース

元外資系金融マンの暗号資産ニュース(2020.5.12)

「日本時間2020年5月12日」4年に一度、3度目のビットコイン半減期がついに実現!

ビットコイン相場は、世界的に大幅な金融緩和に支えられ、なんとか反発、bitMEXが日本居住者の取引停止をしたことで、おそらく日本からのショートのポジションの巻き戻しがあったと見られ、100万円台へと上昇しました。
またその後、米先物金利が急落したことも上昇の要因なのか、107万円へとさらに上昇しました。

そんな中、注目される動きはBitcoinの半減期を迎える2020年5月12日、4時23分頃に無事半減期を通過しました。過去の動きをみると半減期を迎える前は買い、迎えた後は売りとなっていることが多いですが、今回の半減期によるマイニング報酬は1ブロックあたり12.5ビットコインから6.25ビットコインとなりました。
過去を遡ると、最初の半減期は2012年11月、1ブロックあたり50ビットコインから25ビットコイン、2度目半減期である2016年7月には、さらに12.5ビットコインとなっています。

その他、大手ヘッジファンドの参入予定も、底支えされる要因になるのではないかと思われます。

Recommend あわせて読みたい