暗号資産(仮想通貨) 暗号資産トピックス

ALIS、マーケ領域のブロックチェーン新サービスの社会実装に向けてトライバルと協業 など

ALIS、マーケ領域のブロックチェーン新サービスの社会実装に向けてトライバルと協業

ブロックチェーンを活用したブログサービス『ALIS』を開発・運営するALISと、大手企業のデジタルマーケティング支援を手掛けるトライバルメディアハウスは、マーケティング領域におけるブロックチェーンを活用した新サービスの社会実装に向けて協業し開発・推進することを発表した。

新サービスでは、価値の移動にブロックチェーン技術を実装する。

ブロックチェーンを活用することで、管理者不在でも情報の改ざんが不可能で所有者証明が可能な価値移動を実現することを目指す。

ALISはこれまでブログサービスALISで積み上げてきた「個人資本の蓄積」のノウハウを活かし、トライバルはマーケティング領域とクライアントのネットワークを武器に新サービスの開発・推進に取り組む。

出典:みんなの仮想通貨

仮想通貨取引所ビットフィネックス、本人確認を強化 ―― 個人情報の追加を顧客に要請

仮想通貨取引所ビットフィネックスは、本人確認(KYC)の検証プロセスを強化し、口座を開設した顧客に個人情報の追加を求めるメールを送付した。ザ・ブロックが12月27日に報じた。

ザ・ブロックによると、ビットフィネックスの目的は顧客確認プロセスを強化し、全顧客に関する情報を「同じレベル」にすることだった。
ビットフィネックスの最高技術責任者パオロ・アルドイーノ氏によると、同取引所は常に法令遵守の改善に取り組んでいるとして、次のように説明した。

「我々は、常に顧客と連絡を取り合っている。例えば、期限切れになった様々なKYC資料を更新したり、特定の取引の内容を調査したりする場合がある」

アルドイーノ氏は、顧客に対して、すべての個人情報を機密情報として安全に保管することを保証した。

出典:コインテレグラフジャパン

Recommend あわせて読みたい