暗号資産(仮想通貨) 暗号資産トピックス

韓国大手仮想通貨取引所 Bithumb、新たに2通貨を上場廃止 など

韓国大手仮想通貨取引所 Bithumb、新たに2通貨を上場廃止

韓国大手の仮想通貨取引所 Bithumbは先週、2つの仮想通貨「SALT」と「AUTO」の上場を廃止していたことが分かった。先月の上場廃止を含めると、合計で5つの銘柄の上場廃止を行なったことになる。

同取引所の上場基準は公開されていないため、これら仮想通貨の上場廃止の明確な理由は明らかになっていない。

先日Bithumbにより発表された公式文書で、AUTOとSALTを「Bithumb投資アラート仮想通貨指定ポリシー」に位置付けたことを伝えていた。

この「Bithumb投資アラート仮想通貨指定ポリシー」に振り分けられた場合、その仮想通貨には二ヶ月の期間が与えられ、その間にパフォーマンスの改善が見られない場合には上場の廃止が決定される。

出典:Coin Post

【墨汁速報】 1792年設立老舗金融機関ステートストリート 仮想通貨取引所Geminiと新たな試みを開始

1792年設立の老舗金融機関ステートストリートは12月17日、仮想通貨取引所でカストディアンでもあるウィンクルボス兄弟のジェミニ(Gemini)と共同し、Geminiカストディで保管している顧客の2種類の仮想通貨の報告過程をトラックするトライアルを開始すると発表。

17日のステートストリートの発表によると、Geminiが提供する仮想通貨のカストディサービスで保管している顧客の仮想通貨の財務報告をトラックすることで、最終的にステートストリートが保有する既存資産のサービスと仮想通貨の財務報告と統合することを目的としているという。

既存金融機関はCMEのビットコイン先物やフィデリティのFDASなど、カストディや資産運用での成長が年々見られる。2019年での機関投資家向けサービスは、2020年もより成長していく分野となるだろう。

出典:Coin Choice

Recommend あわせて読みたい