暗号資産(仮想通貨) 暗号資産トピックス

仮想通貨Lisk開発企業のライトカーブ、従業員の40%を解雇 など

仮想通貨Lisk開発企業のライトカーブ、従業員の40%を解雇

仮想通貨リスク(Lisk/LSK)の開発企業ライトカーブ(Lightcurve)は12月10日、全従業員53名の約40%にあたる21名を解雇したと発表した。入社予定だった3名の契約も打ち切ったという。

コーデック氏によると、リサーチ、バックエンド、開発者関係部門の人材維持に注力し、GUIなどのフロントエンド開発、マーケティング、デザイナーなどの人員を削減したという。同氏はその理由を次のように説明した。

Liskは、スマートコントラクトを開発可能なオープンソースのブロックチェーン・プラットフォーム。ユーティリティトークンとしてLSKを発行している。今回残った32名の従業員は、Liskの開発を引き続き行うという。

出典:コインテレグラフジャパン

ベネズエラ政府「経済制裁に勝てるのは仮想通貨だけ」 ―― ペトロ利用促進で世界各国に影響

ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領は、ペトロ(Petro-単位:PTR)と呼ばれる国家政府発行の仮想通貨を、すべてのベネズエラ国民に配布することを明らかにした。

ペトロとは、2018年2月、ベネズエラ政府によって発行された、国内の石油・天然ガスなど天然資源に裏付けされた仮想通貨である。

仮想通貨ペトロは、発行当初からベネズエラ中央銀行に認可されており、世界初となる中央銀行発行の仮想通貨として大きな話題を呼んだ。

今回のペトロ配布を受け取るには、ペトロアプリと呼ばれるペトロの送受金などを行うためのアプリケーションをダウンロードしてアカウントを作成することが条件とされる。

この配布は、アカウントを作成済みの年金受給者・公務員・軍人など幅広くの国民が対象となっている。

出典:Coin Otaku

Recommend あわせて読みたい