暗号資産(仮想通貨) 暗号資産トピックス

仮想通貨取引所 Bitfinex、ChainalysisのKYT導入 ── 取引監視強化へ など

仮想通貨取引所 Bitfinex、ChainalysisのKYT導入 ―― 取引監視強化へ

Bitfinexが、リアルタイムで仮想通貨トランザクションを監視するため、ブロックチェーン分析企業Chainalysisのコンプライアンスツール「Chainalysis KYT(Know Your Transaction)」を導入した。

12日の発表でChainalysisは、本ツールは、Bitfinexが金額の大きなトランザクションを監視し、危険性の高い取引を継続的に発見することに役立つと説明。結果として、最も緊急を要する行動にフォーカスできるようになり、コンプライアンスポリシーの強化にもつながると述べている。

「Chainalysis KYT」は、疑わしい取引を追跡するため、バイナンスやBittrexも導入している。2014年に設立されたChainalysisは、銀行、一般企業、政府にもコンプライアンスツールを提供している。

出典:Coin Post

事業停止の英ビットコイン決済企業ボトルペイ、ユーザーに資金の引き出しを求める

英ロンドンに拠点を置く仮想通貨決済企業のボトルペイは13日、12月31日で事業を停止すると発表した。来年1月に施行されるEUのマネーロンダリング規制のためだと説明している。

ボトルペイはビットコイン決済を手掛けており、保管用のウォレットを提供している。そのため5AMLDの規制対象となる。

ボトルペイはユーザーに対して、今後2週間以内に資金を引き出すように求めている。31日で引き出しはできなくなる。閉鎖後に残ったウォレットの資金は人権団体に寄付するという。

ボトルペイは今年6月にスタートしたビットコイン決済サービスだ。ブラウザの拡張機能として、ビットコイン送金を組み込むことができる。

出典:コインテレグラフジャパン

Recommend あわせて読みたい