暗号資産(仮想通貨) 暗号資産トピックス

Word経由で感染のビットコイン身代金型ウイルスが検出される など

Word経由で感染のビットコイン身代金型ウイルスが検出される

マカフィーは12月9日、ランサムウェアLooCipherの分析を公開した。

LooCipherは、開発の初期段階にある新しい攻撃者によるものとマカフィーは分析する。

ファイルを開いてしまうと、リモートサーバーからLooCipherをダウンロードし、実行。事前定義された文字セットを使用して暗号化ルーチンを開始する。

ウイルスの身代金要求は、ファイル暗号化の最後にユーザーに対して救済メモを表示し、Bitcoinの支払いを命ずる。LooCipher複合化プログラムが、特殊なカウントダウンとともにシステムにポップアップされるという。

最後に分析チームは、この件に関わらず、ランサムウェアによる身代金の支払い要求を受けた場合は拒否するよう助言している。

出典:仮想通貨Watch

仮想通貨取引所バイナンスが日本円を取り扱う可能性も、法定通貨の提携企業がJPYとCADに対応

仮想通貨取引所に法定通貨の利用手段を提供する企業Simplexは、新たに日本円(JPY)とカナダドル(CAD)のサポートを開始した。

それによって、取引所のユーザーは、JPYとCADに対応するクレジットカードで仮想通貨を購入することもできるようになるという。

Simplexは現在、120超のグローバル企業と提携している。上述した取引所以外で協業している仮想通貨企業は、Poloniex、KuCoin、Xapo、Ledger、Abraだ。発表ではJPYとCADへの対応を追加する取引所は明かされていないが、バイナンスは先日、取引サービスに世界中の全法定通貨に対応する計画を公表した。日本円も計画に含まれることから、Simplexの動きはその準備として見られる。

出典:Coin Post

Recommend あわせて読みたい