インタビュー

仮想通貨取引サービスが、身近な存在となるために

GMOコイン株式会社 代表取締役社長石村 富隆 氏

GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結子会社であるGMOコイン株式会社は、FX取引高6年連続世界一位を誇るGMOクリック証券などで培った金融ノウハウを活用した仮想通貨取引サービスを提供しています。代表取締役社長の石村富隆氏に、同社サービスの特徴から仮想通貨業界の現状と展望まで、様々なお話を伺いました。

GMOコイン株式会社 代表取締役社長
石村 富隆 氏

1971年三重県津市生まれ。慶応大学商学部卒、マーケティング専攻。証券会社にてマーケティング・情報企画・IT戦略・コールセンター統括・経営企画・証券事業部長・ネット取引システム構築などを経て、2006年8月より株式会社マネーパートナーズ代表取締役社長に就任。赤字経営のマネーパートナーズを就任からわずか1年で上場させる。現在は株式会社マネーパートナーズグループの代表取締役を兼務。外国為替証拠金取引(FX)、証券取引をビジネスの基盤とする。個人投資家へのサービスの提供、および他金融機関への自社システムの提供やASPビジネスを展開。個人投資家時代に、投資で5億円を稼いだ「伝説の相場師」である。主な著書に「株式投資入門の入門」(東洋経済新報社)、「TOP TRADERS 2004」(共著 すばる社)、「お金がずっと増え続ける 投資のメソッドーアイドルのわたしでも。」(共著 PHP研究所)がある。

インベストコア株式会社 代表取締役社長CEO
伊藤 慎佐仁 氏

株式会社三菱銀行(現:株式会社三菱UFJ銀行)で為替資金部などに勤務後、ソフトバンク株式会社の財務部にて大型の資金調達などに従事。SBIホールディングス株式会社の取締役常務執行役員、ヤフーグループのワイジェイFX株式会社の代表取締役社長CEOなどを歴任。2016年には社会的インパクト投資を実践するネクストシフト株式会社を創業。インターネット金融の黎明期から関わり、銀行・証券・保険・住宅ローン・FX・投資助言業など幅広い金融事業に従事してきた。これまで、上場企業2社で代表取締役、上場企業3社で取締役。現在は、社会的インパクト投資やブロックチェーンなどフィンテックに幅広く関わっている。

仮想通貨をもっと身近にしていきたい

(伊藤)石村さんのこれまでのキャリアと、仮想通貨業界に関わられるようになったきっかけについて教えてください。

(石村)大学卒業後、東洋信託銀行、現在の三菱UFJ信託銀行に入行し、信託銀行員としてキャリアをスタートさせました。その中で色々なご縁があって、まだ規制などが導入され環境が整備される前のFX業界で、ライブドアのFX事業立ち上げに携わることになりました。その後、OANDA Japanの代表を経て、GMOフィナンシャルホールディングスが英国に進出してFX・CFD取引サービスを展開するということでGMOインターネットグループにジョインし、現地法人GMO CLICK UK LIMITED(現:GMO-Z.com Trade UK Limited)のCEOとして、4年ほど海外での事業展開に注力しました。GMOインターネットグループで仮想通貨事業に力を入れていこうという話になって、帰国後、GMOコインの社長となり、今に至ります。

仮想通貨事業は投資家の投資スタンスやシステムなどFXの事業に似ているところもあると思います。そのご経験が活かされていますよね。現在、仮想通貨事業の登録業者は16社、それ以外にも、複数のみなし業者が存在しますが、その中でGMOコインの特徴を教えてください。

我々は、もともとGMOインターネットグループとして金融サービスを提供しているので、仮想通貨取引もそのうちの一つであると捉えています。FX取引高が6年連続世界No. 1のGMOクリック証券をはじめ、これまでグループが培ってきたサービスやオペレーションに関する知見・ノウハウを仮想通貨取引にも適用できるのが強みですね。シンプルで分かりやすく、お客様に身近に感じていただけるようなサービスを提供するというポリシーのもとでやっています。

GMOコインの「仮想通貨FX」

仮想通貨のレバレッジ取引「仮想通貨FX」を提供されていますが、現物取引(販売所)と比べて利用されるお客様に違いはありますか?

現物取引(販売所)のお客様は、どちらかと言うと仮想通貨の盛り上がりをご覧になって取引を始められた初心者の方が多いのに対して、仮想通貨FXを利用されるお客様は、FXなど投資の経験者の方が多いのではないかと思います。

グループ会社のGMOクリック証券は、外国為替のFXで世界一の取引高を達成されましたが、仮想通貨FXでもその地位を狙っていらっしゃるのでしょうか?

はい、仮想通貨取引でもNo.1を目指し、お客様から信頼され、安心して使っていただけるサービスを提供していきたいですね。

サービス面では、アルトコインのFXを提供されている企業はまだ少ないようですが、GMOコインでそれができる理由を教えてください。

他社でもできるとは思いますが、我々は外国為替のFXで培った知見をサービスやオペレーションに活かせるとういう強みがあるので、お客様のご要望にお応えしてアルトコインFXを提供しています。

仮想通貨FXのレバレッジについて教えていただけますか?

ビットコインFXは最大10倍、アルトコイン銘柄では最大5倍です。

FXのノウハウを活かした仮想通貨アプリ

GMOコインのアプリは特徴的で、FX経験者が違和感なく使える印象ですが、強みなどを教えてください。

GMOコインのアプリは、GMOクリック証券のFX取引アプリをベースにしているので、スピード注文でドテンができるなど、特にFX経験者の方に使いやすいのではないかと思っています。そのほかにも「他社にはチャートがないが、GMOコインにはある」という評価もいただいています。使いやすさは追求し続けるものですので、お客様にとってより使いやすいアプリになるよう、常に改良を重ねています。

アプリやスプレッドについて、お客様から具体的な要望がありますか?

仮想通貨FXのアプリでは、テクニカル指標を増やして欲しい、取引の際に口座の維持率が見たいなど、かなり具体的なご意見をいただくことがあります。
また、スプレッドに関するご要望もいただきますね。仮想通貨は、マーケットの規模がまだまだ小さいですし、流動性も低いので、外国為替のFXで提供されているようなスプレッドでサービスを提供するのが難しい部分がありますが、お客様に対してより魅力あるスプレッドでサービスを提供できるようカバー先を増やすなどの施策を推進し、お客様の取引コストの低減に努めています。

GMOインターネットグループが生み出せるシナジーにも期待

GMOインターネットグループではGMOあおぞらネット銀行も7月17日から事業を開始されましたし、それ以外にもインターネット上のサービスがたくさんありますよね。将来的にはグループ内サービスで仮想通貨を決済に利用できるようにすることは考えられていますか?

GMOインターネットグループ全体として、仮想通貨はマイニング、取引、決済の三本柱で捉えていますが、今のところマイニングと取引を中心に取り組んでいます。
具体的に何か検討しているわけではありませんが、今後、例えば、グループ各社のサービス内で何か取り組みができれば良いとは考えています。

【第2回】のインタビューはこちら

Recommend あわせて読みたい