インタビュー

ビットバンク株式会社 代表取締役CEO 廣末紀之さんに聞いた(Vol.7)

ビットバンク株式会社代表取締役CEO廣末 紀之 氏

撮影:マネーオール編集部

2017年の高騰もまだ記憶に新しい仮想通貨は、まだまだその投機的な側面しか世の中に認知されてきていない、というのが実際です。では、今日本のどんな人たちが、この仮想通貨の本質に気づき、生かそうとしているのでしょうか。いち早くこの可能性に気が付いたからこその第一人者、廣末さんにお話を伺いました。

ビットバンク株式会社 代表取締役CEO
廣末 紀之 氏

野村證券にてキャリアをスタートし、その後 インターネットに魅了されIT系スタートアップの立上げ、経営に長年携わる。GMOインターネット株式会社常務取締役、株式会社ガーラ代表取締役社長、コミューカ株式会社代表取締役社長などを歴任。2012年仮想通貨技術はマネーのインターネットになると確信し、2014年ビットバンク株式会社を創業。ビットバンク株式会社では、仮想通貨取引所以外にも、メディアによる情報発信、産業に従事する人材育成を目的とした教育事業などを手がける。一般社団法人日本仮想通貨事業者協会理事。

インベストコア株式会社 代表取締役社長CEO
伊藤 慎佐仁 氏

株式会社三菱銀行(現:株式会社三菱UFJ銀行)で為替資金部などに勤務後、ソフトバンク株式会社の財務部にて大型の資金調達などに従事。SBIホールディングス株式会社の取締役常務執行役員、ヤフーグループのワイジェイFX株式会社の代表取締役社長CEOなどを歴任。2016年には社会的インパクト投資を実践するネクストシフト株式会社を創業。インターネット金融の黎明期から関わり、銀行・証券・保険・住宅ローン・FX・投資助言業など幅広い金融事業に従事してきた。これまで、上場企業2社で代表取締役、上場企業3社で取締役。現在は、社会的インパクト投資やブロックチェーンなどフィンテックに幅広く関わっている。

「これからのICOについて」

(伊藤)一方で、とにかくICOに投資したい、という人がいると思うんですけど、そういう時はどういう風に選んでいったらいいんでしょう?

廣末これは専門家から見ても、デューデリジェンス(注1)が難しいです。これは心の中まで見ないといけないので。ようするに、本当にやる気あるのか?というところですよね。コンセプトはわかった、お前本当にやるの? できるの? みたいな、笑。

(注1)デューデリジェンス:価値を適正に評価する調査や手続き

ほとんどの場合は、プロジェクトがなくなっちゃうんです。なぜかっていうと、理由の一つに入り口でお金を与えちゃうから。集めて100億ゲットした、そしたら「もういいや」ってなって、カリブとかで遊んじゃってるわけです。これがだめです。笑

だから、たとえば、進行基準で、まず入り口で「わかった」となって、次にプロジェクトを始めるために最低限で1億かかる、という場合。じゃあ1億を集めて、仮想通貨から一旦法定通貨に変えて、「まずはやってみよう」ということにする。で、実際に次のフェーズがきたら、その時、5億、10億、と残りを順番に出していけばいいじゃないですか。で、これを、ちゃんとガバナンスでチェックして、投資家と橋渡しをしないと、そのお金をすぐに与えちゃうと、やっぱりあんまり良くない。

やはり一度に与えちゃうとよくないですよね。

そうなんです。そこのルールがないので、発行体としては「やれるときにやっちまえ」とばかりにガッとやって、どこか行っちゃう。
これがだめなんです。

では現状だと、いいICO案件を見つけるのは極めて難しいですよね。投資家としては、どう考えたらいいんでしょう。

なので、僕らも、うちのメンバーとかで「これ面白そうだね」ってなる時はあるんですけど、とはいえ発行体を制御できないわけで。
だから、なんだろうな。宝くじ感覚でやるっていう方法も一つあるでしょう。

まあ、敢えて言うと、ですよね。

敢えて言うと、そういう風に考えずにICOプロジェクトに、少額で1万円ずつ入れていって、100プロジェクトのポートフォリオ作るような、一般的なポートフォリオ理論通りにやるか。その中から、本当にいいのがあればいいや、みたいな。

ただ、僕的にいうと、実はイーサリアムに投資して以降、ICOってやってないし、やらないんですよ。
やっぱり問題点が自分なりに見えてきて。本当に会って、やろうとしてることが正しくて、社会的に意味があることで、技術的にも正しくて、かつ、その人たちが本当にやれる能力と意思があるのかって、そこまでチェックしなければ、という気になってしまって。

なるほど、そういうことですか。ちょっとずつ試したり、分散したりしておくのが、将来的にちゃんとしたICOが出来てきた時にスッといけるのかもしれませんね。

そうですね。その意味では、今後ICOとか、個人とのプロジェクトが出てきた時のリテラシーをつけるために、少額でやって行くっていうのは別に反対しない。ただ、無くなる可能性が現状では高い構造になっちゃてるので、それをわかった上でやるしかない。

投資家の中には、例えば、ビットコインの値上がりに遅れたから、今度はアルトコイン、これも遅れたからICO、と考えている方もいるかもしれないから、そういうのは気をつけないといけないですね。

気をつけないといけないですね。
本当に自己責任ではあるんですけど、ただ、僕はイーサリアムに投資した時に感動したように、その「直接金融の恩恵ってこういうものなんだ」「可能性があるんだ」っていうことを体感して欲しいと思います。

逆にそういうことをやっていくと、自分で何かやった時にICOで調達か何かできる、ということですよね。

それを、いい形でいろんな問題点をわかった上で、「自分だったらこうする」とか、だんだん「こうやって出せばいい」とかイメージが固まってくればいいですね。だって、グローバル規模で煩わしい審査とかをせずにスピーディーに調達ができる機会があるわけですよ。これは、とんでもなくすごいことですよね。

これはいい形で利用するべきだと思う。いたずらにICOを反対だとかって人がいるけど僕は信じられないし、断固として反対します。
一部の人が問題で、仕組み自体は本当に画期的だと思う。

本当にそういう意味では業界団体が大事ですね。

そこである一定のルール設定を作って、じゃ例えばビットバンク、ビットフライヤー、ザイフ、〇〇って、色々なところでちゃんと、ICOのデューデリジェンスの基準や方法を作って、ルールセットを作って、上場させて、みんなで育てようじゃないか、とかってできれば、すごく良く回ると思う。それはいずれ一個でいいから実例作りたいですよね。

もう一個だけお伺いしたいのですが、最近、楽天とかヤフーとか、独自のコインを出す、というような発表がされてます。ああいう独自のコインを出す動きというのは、今後でてくると思うんですけど、個人にとってどういうメリットがあると思いますか?

個人にとっては今まで楽天ポイントをもらって、楽天にある商品の割引とか購入使えたものが、両替できるようになって、法定通貨に交換・換金できるようなことができたりとか、あるいは第三者に譲渡できるようになる可能性があります。たしか今って楽天ポイントは第三者に譲渡できないですよね。

でも電子マネーってそうなんですよね。ところが、これがパブリックに循環できるようにしたりすると、発行体は、マーケティングチャレンジにもなるし、利用者側は換金できたり渡したりとか、ある種お金的に利用できるようになる。利用者にとっては、メリットになる可能性があるんです。

そうすると、極端にいうと、ポイント制度を持ってる企業は、独自コインみたいなものを導入してくと、もっと利便性が高くなる、ということでしょうか?

そうですね。これは実例がそこまで出ないと分からないですけど、お金的に使える仮想通貨であれば、逆に楽天ポイントをもっと持ってみたい、となる可能性もある。場合によっては市場で楽天コインをまず買ってみるということが起こるかもしれません。そういった意味では今までの活用の幅が広がる可能性がある。

一方では1楽天コイン=1〇〇コインとなった場合、変動相場に変わった時に思わぬリスクを被る可能性がある。そこはやってみないとわからないですよね。

そうですよね。未来のことは可能性もあるけどリスクもある。
できるのはチャレンジとリスクをどれだけ抑えられるか、ってことだけですよね。

僕自身は先日のコインチェック事件に関しては、市場発展の過程で起こるストレステストのようなもので、成長の過程では、いいこともあれば悪いこともあると思ってます。だから、仮想通貨の用途とか将来性とか全く悲観してなくて、逆にこういうイベントを通じて業界の品質が上がって次のフェーズでグーンと大きくなっていくと信じています。

2014年から「仮想通貨怪しい」「廣末さんそっち行っちゃったの」って言われてきて、やっと流れは変わってきたんですけど、やっぱり、もっとプレーヤーには入ってきて欲しい。今回の件で仮想通貨のことをより知って、たぶんその魅力を感じた、たくさんの人が入ってきたと思うんですけど、インターネットの黎明期と同じで、この技術はとてつもなくポテンシャルがあると思っています。

仮想通貨業界をインターネット業界に例えるなら、今はまだホームページを作って喜んでいた時のような状態。これからが、メディアができたりSNSが出てきたり、といったことが始まっていく状態でしょうから、是非みんなで色々産業を作れたらいいなと思っています。

【第1回】のインタビューはこちら

【第2回】のインタビューはこちら

【第3回】のインタビューはこちら

【第4回】のインタビューはこちら

【第5回】のインタビューはこちら

【第6回】のインタビューはこちら

Recommend あわせて読みたい