インタビュー

ビットバンク株式会社 代表取締役CEO 廣末紀之さんに聞いた(Vol.2)

ビットバンク株式会社代表取締役CEO廣末 紀之 氏

撮影:マネーオール編集部

2017年の高騰もまだ記憶に新しい仮想通貨は、まだまだその投機的な側面しか世の中に認知されてきていない、というのが実際です。では、今日本のどんな人たちが、この仮想通貨の本質に気づき、生かそうとしているのでしょうか。いち早くこの可能性に気が付いたからこその第一人者、廣末さんにお話を伺いました。

ビットバンク株式会社 代表取締役CEO
廣末 紀之 氏

野村證券にてキャリアをスタートし、その後 インターネットに魅了されIT系スタートアップの立上げ、経営に長年携わる。GMOインターネット株式会社常務取締役、株式会社ガーラ代表取締役社長、コミューカ株式会社代表取締役社長などを歴任。2012年仮想通貨技術はマネーのインターネットになると確信し、2014年ビットバンク株式会社を創業。ビットバンク株式会社では、仮想通貨取引所以外にも、メディアによる情報発信、産業に従事する人材育成を目的とした教育事業などを手がける。一般社団法人日本仮想通貨事業者協会理事。

インベストコア株式会社 代表取締役社長CEO
伊藤 慎佐仁 氏

株式会社三菱銀行(現:株式会社三菱UFJ銀行)で為替資金部などに勤務後、ソフトバンク株式会社の財務部にて大型の資金調達などに従事。SBIホールディングス株式会社の取締役常務執行役員、ヤフーグループのワイジェイFX株式会社の代表取締役社長CEOなどを歴任。2016年には社会的インパクト投資を実践するネクストシフト株式会社を創業。インターネット金融の黎明期から関わり、銀行・証券・保険・住宅ローン・FX・投資助言業など幅広い金融事業に従事してきた。これまで、上場企業2社で代表取締役、上場企業3社で取締役。現在は、社会的インパクト投資やブロックチェーンなどフィンテックに幅広く関わっている。

「仮想通貨取引の、今」

(伊藤)売買の取引はFXと現物とありますよね。今はどちらの取り扱いが大きいですか?

廣末うちがやってる先物(bitbank TradeのBTCFX®️)の方が取引は大きいですね。
これは取引する人たちの分布を見ると、当然激しく取引する人は全体の数パーセントで、そういう人たちが全体ボリュームの7割8割を稼ぐ構造になるわけです。
そうなると、当然ですけど、そういう人たちが好きな商品形態は、「レバレッジが効きます」、「ロング・ショートができます」というような商品なんです。こういうものが今の先物(bitbank TradeのBTCFX®️)なんかには合致しています。
取引する人ほど、ある意味下げトレンドだ、ということで、価格が下がっている傾向の時期だと、短い期間で先物取引をして利益を積極的に取りにいきたい、という方が増えるので、そこがボリューム層のメインになっていきます。

取引高のことでいえば、「日本が仮想通貨大国だ、世界の4割だ」と言われていますけど、実際のところは指数取引(※注1)も含まれてるでしょうから、そこで現状以上に数字が大きくなっている、ということはないんでしょうか?

(※注1)指数取引:将来の売買価格、売買の権利など、売買の過程で生じる数字そのものを取引すること

それはありますね。
なので、必要以上に大きく日本の出来高が膨れて見えている可能性はあります。
うちに関しては、そういったものは、現物とは違う、先物のようなデリバティブ派生商品(※注2)なので、表には出してません。

(※注2)デリバティブ派生商品:デリバティブとは、金融派生取引と言われ、株や為替、ビットコインなどの実需の原資産に対して指数などによってその価値が定められるような金融商品をいい、実需の変動リスクのヘッジ(回避)やその反対取引としての投機の取引に使われる。

ビットバンクさんは現物取引の他にも、先物を一般の個人にもやっている、とのことなんですが、それはいわゆる先物なんですか?

そうですね、いわゆる先物です。

OTC(※注3)だとすると、カバー取引(※注4)はどうしてらっしゃるんですか?

(※注3)OTC:Over The Counter(=店頭取引)のこと。株式の売買で取引所を通さずに、 証券会社の店頭で業者とお客が直接相対で行う売買取引の意味で使われる言葉。この場合は、CMEという公的な取引所を通さず、仮想通貨取引所同士、あるいは個人投資家との間で直接取引することを指す。

(※注4)カバー取引:金融機関がリスク回避のために行う取引。 仮想通貨の場合は、個人投資家と仮想通貨取引所が相対取引(1対1)で行う取引において、仮想通貨取引所がリスク回避のために、引き受けた注文と同等の注文を他の仮想通貨取引所に対して行なうこと。

カバーという概念はなくて、うちのbitbank Tradeというサービスは先物市場にオーダーを流しているだけなので、概念的には証券会社と同じでブローカーという立ち位置です。
先物というのが基本的に差金決済なので、売る人と買う人というのが、それぞれ反対売買するときに決済することで、そういった意味では、うちはリクイディティリスク(※注5)などはないんです。

(※注5)リクイディティリスク:流動性リスク。株や仮想通貨などを換金しようとした時にすぐに売れない、低い価格でしか売れないなどの理由で損失を被ってしまうリスクのこと。

それは契約上も仲介、売買手数料とか仲介手数料という位置付けという事ですね。

そうです。でも、ちょっと特殊ではあるんですけども、うちでやってる先物の商品が非常に出来がいい商品だったので、そこでそのまま扱うことにした、ということですね。

それは海外の先物業者と、取引することにした、ということですか?

そうです。

ビットコインの先物がCME(※注6)に上場したというニュースもあったんですけど、海外では先物が、CMEのような取引所ではなく、一般的にOTC経由というのが多い、ということなんでしょうか?

(※注6)CME:Chicago Mercantile Exchangeの略でシカゴにある世界最大規模の先物取引所。商品先物、株価指数、為替などの多彩なデリバティブ取引が活発に行われている。ビットコイン指数先物が上場された。

結構ありますね。この話を続けていくと業界の人しか分からないかもしれませんが、世界を見渡すと、先物だとかオプションの市場といった、勝手デリバティブ市場というのがあるんです。
ただ、もともと仮想通貨という原資産そのものが、法的に定まっていない国というのがほとんどなので、いわゆる公的な形で上場してる取引所がないんですね。ない、というよりはCMEが初めてだったんです。
ただ、当然CMEっていうのは会員権を持ってる機関投資家しか売買できません。かといって、じゃあ機関投資家が入れるような市場サイズか、というとそうでもないんですよ。

だから、ビットコインですら時価総額は20兆円ぐらいといわれてますけど、その20兆円の時価総額の先物って、わかりやすくいうと、トヨタが20兆円ぐらいなんです。でも、いってしまえばトヨタの先物が上場してるだけの状態なので、世界的な視野からみたら、マーケット規模的に、そんなに売買のニーズはないわけです。
取引所自体はしっかりしてるけど、やっぱり市場が小さいので、顧客のニーズがあるかというと、全体の資産配分の比率からすると、仮想通貨なんか全然無視してもいいくらいなんです。従って、先物もそんなに取引されないっていうのが現状です。

個人のスペキュレーターみたいな人たちっていうのは、比較的受け皿が出来つつある現状の中で、人によっては勝手デリバティブの市場を選択して勝手に取引がされつつある、という感じなので。

例えばビットバンクさんはそこに繋ぐんだけど、その人たちは何か現物取引のリスクを分散させたりとか、そういう市場は別途あるんですか?

それはないですね。むしろ、どちらかというと、使い方としては「現物をもってます」という感じです。
例えば、高値になったときに一部先物取引なんかも並行させてリスクヘッジしておいて、次は、納税などのタイミングに合わせて、先物決済をしたりするわけです。もともと先物取引はプライスのリスク(※注7)ヘッジのために使うわけで、そういうことのために使う人もいれば、単純に投機でショートしたりロングしたりする人もいる、という感じなんですよね。

(※注7)プライスのリスク:価格変動による損失のリスク

先物業者としては先物のプライスを提供するということは、先物業者も別のどこかで、さらにカバーをとったりするんですか?

いや、そういうことではなくて、いわゆる現物のプライスを取ってきて勝手なインデックスを作ってくるんです。 それで、それをベースに、ある期日というのをつくって、反対売買か期日清算をするんです。

なるほど、先物市場というものは、そういう意味では世界的には出来つつある、ということなんですね。

出来てます。ただ、海外で勝手デリバティブというか先物業者がたくさんいる、という風に報道もされないので、皆さん知らないんだと思うんですけど。

逆に先物でそうやって繋ぐっていうスキームは他に需要あるんですか?

国内の取引所とつないで、ベストプライスでその購買代行してあげる、といったサービスはあるんですけど、これも一種のつなぎの取引といっていいのか、ちょっとなんとも言えないです。

そうすると、ビットバンクさんの売りの一つがスプレッドが狭い、というものがあると思ってるんですけど、それは正しいんですよね?

まあ、うちが今やってるビットバンクCCというのはオーダーブック形式なので、そのプライスが透明である、というのは間違いないですね。
そこのオーダーブックの入り方によってはスプレッド(※注8)が開いちゃうケースもあるんですけど、基本的には、お客様がある程度の量いればスプレッドっていうのは当然小さい。

(※注8)スプレッド:売買する時の値段の差

なるほど、それは現物ってことですよね。ということは、一方向へ行くときは片側のプラスが出にくかったり、とかいうことはあるんですか?

はい、現物ですが、今は通常の現物市場でも、信用取引のような仮需があります。そこにさらに買い残、売り残、があるので、一方向に行ったとしても、買い残が処分されたものとか、下がっても売り残のカバーが入ったりとか、そういったことでオーダーが出てくるんです。今うちの場合でいうと信用取引をまだ実装してないので、一方向への振れ幅が大きくなってしまうんです。仮需があるともう少しアジャストされてくるんですけど。

仮想通貨の取引の市場としては、そこの流動性が課題なんじゃないかと思いますが、どうお考えですか。

おっしゃる通りです。まだまだ全体の市場としても、大きいといっても、為替の市場や株の市場から見たらなくてもいい市場なので。

【第3回】のインタビューはこちら

【第4回】のインタビューはこちら

【第5回】のインタビューはこちら

【第6回】のインタビューはこちら

【第7回】のインタビューはこちら

【第1回】のインタビューはこちら

Recommend あわせて読みたい