インタビュー

高品質な分散投資サービスを提供するロボアドバイザー「THEO(テオ)」とは?(第2回)

株式会社お金のデザイン取締役COOスチュワートボックス マット 氏

撮影:マネーオール編集部

「THEO(テオ)」は、投資のプロが設計したアルゴリズムや下落リスク低減を図るAIなどを強みとして、投資初心者を初め幅広く人気を集める投資一任型のロボアドバイザーサービスです。今回のインタビューではTHEOを運営する株式会社お金のデザインCOOのスチュワートボックス マット氏に、自社サービスの特長から、ロボアドバイザーサービスの将来の展望まで様々なお話を伺いました。(第2回)

株式会社お金のデザイン 取締役COO
スチュワートボックス マット 氏

イギリス出身、ケンブリッジ大学数学修士。1999年、バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現ブラックロック・ジャパン)に入社。2009年マネージング・ディレクター。科学的アクティブ株式運用部門にて、日本株式の銘柄選択モデルの開発・運用及び株式定量運用(クォンツ)全般を統括。東京大学大学院経済研究科にて日本経済の研究も行う。2018年3月お金のデザインに入社し、2019年3月に執行役員 投資プラットフォーム責任者、2019年12月に同取締役に就任後、2020年1月にCOOに就任。

ドコモのdポイントで分散投資、ユーザーはすでに60万人を突破

マネーオール編集部その他のTHEOの特徴を教えていただけますか?

(スチュワートボックス)2つくらい面白いのがあるかな。THEOはいろいろな会社と提携してユーザーに投資手段を提案しています。その中で一番大きなものはNTTドコモとの提携サービス「dポイント投資(THEO+docomo)」ですね。THEOのサービスをドコモのユーザーに提供する機能の他に、NTTドコモと一緒に開発したポイント投資の機能があります。

通常のTHEOのサービスは、口座を開設し、入金してポートフォリオを組むのですが、投資の経験がない人にはハードルが高いんですよね。口座を作るだけでも本人確認とか幾つもステップがありますから。

dポイント投資は、ドコモで貯まっているdポイントをTHEOに投資することができ、運用のパフォーマンスによってポイントの数が増減する形になってます。お客様から見ると、実際現金を使う必要もなく、口座開設の手続きをしなくても簡単にドコモのポイントで投資ができます。10,000ポイントあれば、その中から1,000ポイントを簡単に気楽に、投資を試してみることができます。それは長期的な投資教育の観点から見るとすごく良いですね。現在ポイント投資のお客様は60万人くらいいますね。

マネーオール編集部60万ユーザー!? すごいですね。

(スチュワートボックス)はい。気軽に投資の経験ができる仕組みを作ることは、長期的にマーケットの成長に繋がると思っています。他のロボアドバイザーはそういう視点ではやってないと思います。

マネーオール編集部dポイント投資は何ポイントから可能なんですか?

(スチュワートボックス)100ポイントからですね。ドコモのユーザーでなくても、dポイントのアカウントさえあれば誰でも利用できます。この仕組みはよく出来ていると思いますね。

マネーオール編集部なるほど。その他にも特徴がありますか?

(スチュワートボックス)はい。去年から海外でもTHEOのサービスを提供しています。2019年からマレーシアで、現地のパートナーと合弁会社を作り、投資ライセンスを取って、個人投資家に日本と同じ仕組みの商品を提供してます。マレーシアの場合、人口構成や資本の仕組みが違いますから、アルゴリズムをマレーシアのニーズに合わせて工夫した部分はありますが、基本的なコンセプトは共通です。これは日本のフィンテック系の技術をアジア諸国に紹介しながらビジネスの成長にも繋がると思っています。

個人投資家は新型コロナウイルスの影響にどう向き合うべきか?

マネーオール編集部新型コロナウイルスの影響がマーケットにも出ていますが、投資家が気をつけなければいけないことはありますか?

(スチュワートボックス)焦って判断することは絶対に避けた方がいいですね。
どうなるか分かりませんが、今日や昨日の短期的な動きを見て判断するのは非常に危険です。あくまで長期的な観点で見なければいけない。戻るだろうとか、上がるだろうとか、これはもうダメだとかタイミングを取りたい人は当然います。しかしこれは本当に誰にも分からない、私も20年近くやってますが分からない。そういう意味でタイミングを取らない、一番いいのは、できるだけ今のマーケットの動きを無視する、極端にいうと金融のニーズを見ない方がいいと思います。見ることによって何かしなきゃと思っちゃう。そうじゃなくて、気にしないで毎月コツコツと決まった金額を積み上げてること長期的にはベストだと思います。
今のTHEOのお客様の7割以上が月次の積み立てのプランに入っていますね。

マネーオール編集部それはかなり高い比率ですね。

(スチュワートボックス)私から見るとそれがベストですね。決まった金額を毎月積み立てる。マーケットが下がったら、その分ETFを多めに買うことだってできる。長期的なリターンとかリスクを抑えるにはそれがベストだと思います。

THEOのサービス展開と日本のロボアドバイザー市場の今後

マネーオール編集部今後のTHEOのサービスの方向性や展開を予定しているサービスについて教えてください。

(スチュワートボックス)THEOだけではなくロボアドバイザー全体で見ると、現在幾つかのサービスがあって、それぞれ良いところがあるしそこそこの残高が集まっている。しかしお客様から見ると他のサービスとの繋がりが大事ですよね。例えば証券会社のサービスや銀行との繋がりです。そういう動きがもっと加速すると私は思いますね。THEOのdポイント投資のように、ロボアドバイザー単独ではなく他のプラットフォームやサービスとの繋がりができると、お客様から見てより使いやすくなり、付加価値が発生するはずです。そういう動きが加速するのではないかと思います。

マネーオール編集部スチュワートさんは今後日本のロボアドバイザーサービスに何を提供されていくのかを教えてください。

(スチュワートボックス)日本のロボアドバイザー市場全体を見ると成長はしていますが、5〜6年前くらいの予測に比べるとまだ小さいですよね。アメリカのような伸びではない。やはり日本での成長は時間がかかりますね。ガラッと大きく変わったりすることはないから、逆にロボアドバイザーの会社自体も長期的な観点でやらなければいけないと思いますね。お金をかけて広告を出して集めるやり方もありますけど、時間をかけてじっくり、毎月の積み立てみたいに残高を増やした方がビジネスとしては安定的だし成長できると思いますから。

もう一つは、個人のニーズに合わせて細かな商品を作ることは可能になると思います。今のTHEOのポートフォリオは200パターン以上がありますが、もっと細かくできるはずです。お客様のニーズをより深く理解することによって、それに合わせたカスタマイズができると思いますし、そういう傾向がどんどん強くなると思いますね。海外では既にそういう動きがあります。

マネーオール編集部ロボアドバイザーには伸びていくポテンシャルがまだまだあるということ、積み立てを定期的にやっていくことの大切さが大変よく分かりました。
このインタビューでロボアドバイザーに興味を持たれた方も増えたと思います。最後に投資家の方に一言お願いします。

(スチュワートボックス)ありがとうございます。
繰り返しになりますが、やはり投資には長期的な観点が重要だと思いますね。個人投資の部分だけではなくて、ロボアドバイザービジネス自体が徐々に成長すると思っています。

マネーオール編集部貴重なお話をいただき、ありがとうございました。

【第1回】のインタビューはこちら

Recommend あわせて読みたい