ロボアドバイザーではじめる全自動の資産運用 ロボアドバイザーではじめる全自動の資産運用

ロボアドバイザーとは、資産運用のアドバイスや取引補助をしてくれるサービス。自分に合った投資信託の診断、自動での資産運用が可能になります。最新の投資アルゴリズムに従って資産運用してくれるので、銘柄の分析や株価のチェックをしなくても投資ができ、初心者におすすめの投資方法です。

ロボアドバイザーとはなにか?

ロボアドバイザーといっても大きく2つ種類があります。1つ目は証券会社や運用会社などがAI(人工知能)等を利用して、スマートフォンやパソコン上で投資プランの診断、運用シミュレーションをしてくれる「アドバイス型」。2つ目は提案だけでなく運用(購入・リバランス等)を自動でやってくれる「投資一任型」。投資知識や経験の程度、運用目的・方針に応じて自分に合ったものを選びましょう。

「アドバイス型」のロボアドバイザー

それぞれのサービスの具体的な内容を見ていきましょう。
「アドバイス型」のロボアドバイザーは、投資に対するリスク許容度(どの程度まで損失を許すか)を診断し、資産運用の最適な配分をアドバイスしてくれます。ユーザーが、「資産運用の目的」「目標額」「リスク許容度」「運用期間」などの質問項目に答えると、自動的に最適なポートフォリオの運用プランを提案してくれます。
「アドバイス型」の特徴は、ロボアドバイザーがユーザーの行う資産運用の助言役に徹していることです。投資の発注や運用、運用途中における資産配分の変更など、実践的な作業はユーザーが行います。
ユーザーはロボアドバイザーの助言内容に基づき、自分で投資の発注や運用を行い、また、運用途中で資産配分を変更する必要が生じた場合は、自ら調整することになるので、よりユーザーの投資戦略を反映した投資が可能になります。資産の運用についてある程度の経験がある方や、自分なりに投資に知見があり、自分で行いたいユーザーの場合は、ロボアドバイザーの助言内容を参考にして、ユーザー自身の投資戦略や考えを反映させたポートフォリオを作成することができるのがメリットです。


出典:Investor Junkie | The Rise of the Robo Advisors — Should You Use One?

「投資一任型」のロボアドバイザー

「投資一任型」では、資産運用の助言に加え、投資における実際の発注や運用、また、運用途中における資産配分の変更まで管理してくれます。ユーザーは、提案された内容で資産を運用しようとする場合は、運用金額と投資方針を設定し、サービス提供会社と「投資一任契約」を結ぶだけで、あとはロボアドバイザーがすべて資産の運用に必要な作業を行ってくれます。ただし、アドバイス型と異なり、年間約1%ほどの手数料がかかるサービス提供会社が多いようです。
こちらのタイプは、仕事などで忙しく、投資の勉強や実際の発注・資産の再配分などの時間が取れない方、初心者で、投資について詳しくわからない方などに向いています。運用途中で市況やマーケットに状況の変化が生じた場合、資産配分変更などをすれば適切な運用ができます。

ロボアドバイザーを始めるならここがオススメ!

編集部が選ぶ、オススメのロボアドバイザー提供会社を3社紹介します。

WealthNavi (ウェルスナビ)

投資だけではなく、税金・積立も全て自動化が可能。大手金融機関・政府系ベンチャーキャピタルが出資する安心感。


WealthNaviの特徴

  • ノーベル賞受賞者提唱の理論に基づいた資産運用
  • 大手金融機関・政府系ベンチャーキャピタルが出資する安心感
  • 手数料は預かり資産の1%(年率、税別)、実質的な負担を抑え、続けやすい

WealthNavi(ウェルスナビ)は、みずほ銀行・日本政策投資銀行などの大手金融機関や政府系ベンチャーキャピタルが出資するロボアドバイザーです。
投資一任型のサービスで、米国上場ETFに加え、株式(米国・日本・欧州・新興国)や債券(米国、物価連動債)、金、不動産などを投資対象とするETF等などへ最低10万円から自動で投資ができます。
投資の自動化だけでなく、税金や積立も自動でできるなど機能が充実していることが特徴です。

THEO (テオ) by お金のデザイン

1万円から投資可能、5つのカンタンな質問に回答するだけでポートフォリオを自動作成!


THEOの特徴

  • 投資対象を世界規模で分散させる「グローバル分散投資」
  • 投資のプロが設計したアルゴリズムと、下落リスクの抑制を図るAI
  • 1万円からの少額投資が可能

THEO(テオ)は、金融ベンチャー企業・お金のデザインが提供するロボアドバイザーです。
独自開発のAIが株式(国内、先進国、新興国)、債券(国内、先進国、新興国、外国社債)、不動産(REIT)、商品(農作物、金、銀)、インフラ、林業など幅広く投資します。最初に5つの質問に回答しポートフォリオを作成するというシンプルな作りで、若年層でも手軽に投資ができると人気があります。
また、最低投資額も1万円からと手頃で、積立も可能(月1万円から)で、まずは少額からAI資産運用を始めたい場合に、有力な選択肢となるロボアドバイザーです。

楽ラップ by 楽天証券

下落ショック軽減機能(TVT機能)搭載!運用期間中の価格変動リスクを軽減したいという方にピッタリ


楽ラップの特徴

  • 最低投資金額は1万円から(※2020年3月22日(日)より)
  • 下落ショック軽減機能(TVT機能)で運用中のリスクを軽減
  • 手数料は「固定報酬型」と「成功報酬併用型」の2つから選択可能

楽ラップは楽天証券が運営している、投資一任型運用のロボアドバイザーです。
他の提供会社との大きな違いは、リスク回避のための下落ショック軽減機能を搭載しているところです。株式のボラティリティが高くなってきた際に株式のポートフォリオを減らし、債権の割合を増やすというような仕組みを備えています。
最低投資額は10万からですが、固定報酬制と成功報酬制を選べるので、運用益とのバランスを取りながら手数料を選べる、始めやすいサービスとして人気です。